FC2ブログ

貫通弾 その3

■フレーム超過説、理論値との照合 [08/06/05]

参考:フレーム超過説
    初撃ヒットフレームごとの理論値(A Gunnerさん)

理論上、 手前3Hitクリティカル と 奥3Hitクリティカル
の間に出現する「内側2Hitクリティカル」という値。
(7F目、クリティカル範囲直前に1ヒット目が来る場合)

録画→コマ送り にて、これの存在を確認できました(約2前転距離)。

「ヒット間隔がフレームに依存、かつクリティカル範囲前後で一定」
と仮定しての説ではありますが、より濃厚になったと考えてよさそうです?

ところでこの検証の副産物として、次のことが浮上してきました。


■ヒットごとに減速している可能性 [08/06/06]

ヒット後の2Fには再ヒットしないのであれば、4ヒット目は1ヒット目の9F後。
速度の検証よりヒット後の速度を 約0.2前転/1F とすると
9Fでは1.8前転程度の距離を進むはずです。

しかし、貫通2の1~4ヒット目間の距離は1前転程度しかありません。

速度の検証との最大の差異はヒット数なので、
どうもヒット時に「一時的な減速(停止を含む)」
もしくは「発射からの飛行時間にフレーム加算」
など、クリティカル範囲を縮める要素がもっとありそうです。

そこで上記の理論値との照合に使った動画にて
発射から4ヒット目までのコマ数(≠実機のコマ数)を調べてみたところ

1  銃口に爆炎
2  弾のグラフィック出現
9  弾のグラフィック発光(着弾?)
10 1ヒット目エフェクト視認
13 2ヒット目エフェクト視認
16 3ヒット目エフェクト発生?(推定)
19 4ヒット目エフェクト発生?(推定)

でした(ヒットエフェクトは6~7コマ程度持続)。この動画では理論上、
貫通2の発生から7フレーム目に着弾しているはずで
弾のグラフィック出現を0フレーム目とすればほぼ合致。

その瞬間から数えていいものなのか不明ですが、
実機のコマ数から大きくズレてはいないと思われるので
各ヒットエフェクト発生の間隔から、
「発射からの飛行時間にフレーム加算」の可能性は低そう…
つまり、「一時的な減速」が起こっているかも知れません。
お知らせ

管理人

このブログについて

最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログ内検索